鼻の黒ずみ改善方法

鼻の黒ずみが起こるのはナゼ?改善方法は意外と簡単と言われるワケ

鼻は顔の中でも目立つ部分です。しかし、多くの人が黒ずみを気にしている箇所でもあり、黒ずみやすい部分でもあります。
しかし、鼻の黒ずみを改善するのは特殊な方法を取る必要はないと言われています。

 

その原因とケア方法はどのようなものでしょうか。

 

鼻の黒ずみの原因

 

鼻の黒ずみの多くは、毛穴の黒ずみでしょう。この黒ずみの原因は1つではありません。自分の黒ずみがどのようなものかを把握することも、改善するために必要なことです。

 

毛穴が詰まっている

 

鼻の毛穴は皮脂が出やすく、皮脂は酸化すると黒くなります。
また、皮脂と古い角質が合わされば角栓ができ、毛穴に蓋をするように詰まってしまいます。そうなれば毛穴は広がり目立つ事に。放置すればニキビになる可能性もあるでしょう。

 

さらに、その角栓や皮脂が酸化すると黒ずみを起こすため、鼻の黒ずみが起こるのです。

 

毛穴の開きによって黒く見える

 

皮脂対策のしすぎなどにより肌の水分量が減っていると、乾燥し毛穴が開きやすくなります。また、皮脂が酸化すると皮膚へとダメージを与え、毛穴が深くすり鉢状になり影のように見えるため鼻の黒ずみと感じられる可能性もあるでしょう。

 

この場合、黒ずみがあると言うよりも、毛穴が黒く見える状態です。毛穴の開きが改善できれば、鼻の黒ずみを感じなくなると考えられます。

 

メラニン色素による黒ずみ

 

鼻の黒ずみの原因は、色素沈着の可能性もあるでしょう。メラニンは紫外線などの影響により、色素を濃くし黒ずみとして肌に残ります。
紫外線や摩擦により黒ずみが起こったと考えられます。

 

産毛の黒ずみ

 

鼻の黒ずみが気になる人の中には、産毛が黒く見えている人もいらっしゃいます。毛穴があれば毛も生えるため、色が濃ければ黒ずみに見えるでしょう。

 

長い産毛が生えることはないものの、短い産毛が毛穴の中に埋まっている可能性もあり、ポツポツと黒ずみのように見えてしまいます。

 

鼻の黒ずみケア

 

鼻の黒ずみはその原因によってケアする必要があります。原因が違えばケア方法も違いがあるでしょう。
正しいケア方法ができれば、鼻の黒ずみの改善はそれほど難しいものではありません。

 

毛穴が詰まっている場合

 

毛穴の黒ずみで最も多いと考えられる毛穴の詰まりによる黒ずみは、いちご鼻とも言われるもの。皮脂が過剰に分泌されている事と、乾燥による古い角質が原因になります。

 

皮脂が分泌されやすい鼻は、ケアの仕方が間違っていると詰まりやすくなるため、大切なのは汚れを取るための洗顔と乾燥させないための保湿になるでしょう。

 

保湿がしっかりとされ肌が潤っていれば、余分な皮脂は分泌されず毛穴の詰まりを起こしにくくなります。また、正しい洗顔をしなければ日々の毛穴の汚れは取れないため、洗顔の仕方にも気を付ける必要があるでしょう。過剰な洗顔で皮脂を取りすぎないようにする事も大切です。

 

洗顔で毛穴の汚れをためないようにし、保湿をしっかりとすることで、肌のターンオーバーを整えれば新しい角栓ができることもなく、すでにある角栓も取れやすくなります。

 

毛穴の開き

 

毛穴の開きは、乾燥によるものと皮脂が原因のものがあります。乾燥対策には保湿が有効でしょう。
保湿をすれば皮脂の分泌も減ると考えられますが、皮脂の汚れを取るための洗顔も大切です。

 

メラニン色素が原因の場合

 

色素沈着による黒ずみは、メラニンが生成されないようにしながら肌の再生を促すことで改善が可能です。
その為には、美白効果のある化粧品での保湿が有効でしょう。

 

シミと同じと考え、肌を白くするための美白化粧品を使用してみましょう。メラニンの生成を抑えると同時に、皮脂の分泌を抑える効果があるビタミンC誘導体の含まれているものを使用するとより良いでしょう。

 

毛穴の表面にあるメラニン色素による黒ずみは、肌のターンオーバーによって排出されれば目立たなくなります。古い角質を自然に排出するためには、洗顔ももちろん大切でしょう。

 

また、メラニンを生成させないようにするには、保湿で肌を整えると共に紫外線対策をしっかりとする事です。紫外線には一年中影響されるため、日差しの強い日だけでなく日焼け止めを活用する習慣をつけましょう。

 

肌のターンオーバーを整えると肌トラブルは起は改善される

 

皮膚は毎日少しずつ新しいものに生まれ変わります。古くなり必要のなくなった角質は自然と剥がれおち新しい皮膚が表面に現れます。皮膚の奥の方では、新しい細胞が日々つくられているのです。

 

それは全ての皮膚に共通し、毛穴にも同じことが言えるでしょう。その周期は平均で28日と言われ、年を重ねるごとに長くなると言われています。
早すぎれば、未熟な皮膚が表面に出てくるため肌が整わずトラブルを起こす可能性があり、逆に遅すぎれば古い角質がいつまでも肌の表面に残り、これもまたトラブルの原因になるのです。

 

ターンオーバーが整っていれば、多くの肌トラブルは起こらないと考えられます。正常に整えるためには正しい洗顔と保湿、睡眠や食生活を整えることも大切です。

 

ピーリングなどで無理に角質を剥がすことや、洗浄力の強い洗顔料を使用しての頻繁な洗顔は、ターンオーバーを乱す可能性があるため注意が必要です。

 

産毛が原因の場合

 

毛穴に埋まった産毛は、ポツポツと小さな黒ずみに見えます。このような場合、セルフケアでは産毛を排除する事は難しいため、皮膚科などのレーザー治療により脱毛処理をすることが一番の方法と言えるでしょう。

 

脱毛用化粧品では刺激が強いため顔に使うことのできる物は少なく、自己処理は難しいです。また、毛抜きなどで抜くと言う行為は刺激が強く色素沈着や埋もれ毛の原因となり、結局黒ずみを解消できないと言うことになりかねないため避けるべきと言えます。

 

鼻の黒ずみケアの注意点

 

鼻の黒ずみが気になる場合に、様々なケア方法を試す人もいらっしゃるでしょう。しかし、そのケア方法が間違っていれば鼻の黒ずみは改善するどころか悪化する可能性もあるため注意が必要です。

 

毛穴の角栓を取るパック

 

毛穴の角栓を無理やり引き抜くタイプのパックの使用は、使用直後はキレイに角栓が取れスッキリすると共に鼻の黒ずみもなくなったように見えます。

 

しかし、角栓は通常であれば自然に取れていくもの。無理に取れば開いた毛穴が戻らなくなることもあり、場合によっては跡が残る可能性があると言うことを覚えておきましょう。

 

また、毛穴だけでなく鼻全体の皮膚への刺激も強く、乾燥などのトラブルの原因になるため使用頻度やその後のケアなどを含め注意が必要です。

 

ピーリング

 

皮膚の古い角質を取るためのピーリングは効果的な場合もありますが、頻度や使い方によっては乾燥や肌のターンオーバの乱れを起こします。
使用頻度と使い方をしっかりと確認し、使い過ぎないようにする必要があるでしょう。

 

洗浄力の強い洗顔料

 

肌を乾燥させないようにするためには、保湿だけでなく皮脂を取りすぎないことも重要です。洗浄力の強い洗顔料は必要な皮脂まで落としてしまう可能性があるため、選び方には注意が必要です。

 

鼻の黒ずみは正しいケアをすれば改善可能

 

鼻の黒ずみは、原因を知り正しいケアをすることで徐々に改善されるでしょう。いずれも1日や2日では改善されることはないと考え、ケアを続けることが大切です。

 

ケアしても改善されない、と悩んでいる人の中には間違った方法をとっている人も多いと言われる鼻の黒ずみ。正しいケア方法を行い、自信の持てるキレイでつるつるな鼻にしていきましょう。