いちご鼻の正しい洗顔方法

いちご鼻は本当に洗顔で改善できるのか…その関係性とは?

いちご鼻は、鼻の毛穴が黒ずんだり毛穴が開く事で起こる肌トラブルと言っても良い症状です。場合によってはニキビに悩まされる事もあります。
改善方法として、毛穴の汚れを取ることのできる洗顔は重要と言われていますが、洗顔により悪化する事もありえるため注意が必要です。

 

正しい洗顔方法と、その効果はどのようなものでしょうか。

 

いちご鼻と洗顔の関係

 

いちご鼻は、洗顔の仕方で起こりやすくなったり悪化する場合があります。そのため洗顔を正しくすることは、いちご鼻の改善だけでなく予防にも効果的。洗顔は、いちご鼻のケアとして重要な役割の1つです。

 

毛穴が開くことや、皮脂が酸化して黒ずむこと、また角栓ができることで起こるいちご鼻は、健康的な肌であれば起こらない可能性があり、また肌の健康のためには正しい洗顔をすることも大切です、

 

なぜなら間違った洗顔で皮脂を取りすぎれば肌のバリア機能は低下し、肌を乾燥させ角質を硬くして毛穴の開きを招くからです。

 

正しい洗顔の方法をマスターする

 

いちご鼻を治すには、洗顔は重要なプロセスです。洗顔は誰もが毎日する事ですが、だからこそ大切なスキンケアの1つなのです。

 

肌にはターンオーバーがあり、整っていなければトラブルが起こります。ターンオーバーを乱す原因に、洗いすぎることでの潤い不足が考えられます。洗顔により、必要な皮脂までもとってしまえば潤いは失われるため、正しい洗顔を日々することが重要なのです。
では、正しい洗顔とはどのようなものでしょうか。

 

洗浄力の強い洗顔料は使わない

 

いちご鼻の毛穴の汚れを取ろうと考え、洗浄力の強力な洗顔料などを使用する人もいらっしゃいますが、これが逆に潤い不足になる可能性があります。

 

潤い不足で肌がゴワつくと毛穴は開きやすく、汚れも溜まりやすくなります。ゴワついた毛穴では汚れも取れにくく悪循環。古い角質をためないように促し、皮膚を柔らかくすることでいちご肌の改善になりますが、その為にはマイルドな石鹸などを使用する事をオススメします。

 

スクラブ入りなどの刺激の強い物も、同じくオススメできません。また、メンソール配合の洗顔料はアルコールを含む可能性があり、肌の水分を蒸発させるため避けましょう。

 

泡立てることを習慣にする

 

洗顔をする時の泡立ては必要です。面倒でも、毎回キメの細かい泡を作る習慣を付けましょう。泡立てネットなどを使用すると、楽に泡立てることができます。
または、片方の手を受け皿にし、もう片方の指で泡立て機のように泡立てると良いでしょう。

 

それほどたくさんの量の泡を作る必要はありませんが、指は肌に触れずに肌を覆うことができるくらいの泡は必要でしょう。場合によっては、鼻のみをキレイな泡で洗う習慣をつけるのも良い方法ですが、その他の部分を洗う時にも泡が付いてしまうと過剰に皮脂を取ってしまうため注意が必要です。

 

指は肌に触れない

 

丁寧に泡を作ったら、指が肌に触れないように皮膚を泡で覆いましょう。泡を転がすように鼻の細部まで行き渡らせ、流します。
長い時間泡を肌に付けておくと、乾燥の原因になるため、逆効果です。20〜30秒程度で十分と言う事を忘れないようにしましょう。

 

すすぎは十分にすること

 

せっかく丁寧に泡を作り洗っても、後の洗い流しがしっかりとされていなければ、効果的ではありません。逆に毛穴に詰まる可能性があるため気を付けましょう。
特に小鼻の溝は流しにくい部分のため、意識して流す必要があります。

 

泡洗顔は1日1回でも良い

 

皮脂の取りすぎはいちご鼻の原因になります。取りすぎを防ぐためには洗顔のしすぎないようにするのも良い方法です。

 

日中の様々な汚れを取るためにも、夜の洗顔は重要ですが、朝の洗顔はぬるま湯でしっかり流すだけでも十分とも言われています。肌の様子に合わせて、泡での洗顔の頻度を調節すると良いでしょう。

 

洗顔のしかたが変われば肌の状態も徐々に変わる

 

いちご鼻は、洗顔方法によって変化する可能性があります。時間はかかるものの、正しいケアを続けていれば改善することも多いのです。

 

最低でも新しい肌が再生される一カ月を目安に根気強くケアをしていく必要があるでしょう。途中諦め、いちご鼻を作るようなケアをしてしまえば、すぐに元に戻ってしまいます。

 

正しい洗顔と保湿を習慣にすれば、いちご鼻から解放される可能性は高いと言えるでしょう。
併せて食生活の改善や睡眠不足の解消を行うとより効果的です。